ハロー・オール・フォークス!
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画kocorono。    01/25/2011
btbmp.jpeg

bloodthirsty butchersのドキュメンタリー・ムービーが2月5日を皮切りに順次全国ロードショー公開されます。1987年北海道留萌で結成され、国内外問わず現在でも多くのリスナーを魅了し続けるバンドの今を追って、鬼才川口潤監督がエッジーかつディープに場面を切り取ったとても生々しい作品。この映画に自分も出演させてもらいましたが色々考えさせられる、全てのバンドマン必見のリアル・ドキュメンタリー。「アート」と、「運命共同体」と、「それぞれの生活」、それらが複雑に絡み合った糸のたるみが「本当のオルタネイティブとは何か?」を指し示す、そんな感じなのでしょうか。(そして俺がいつも自問している問いにはまだ答えは見つからない。)今作、是非劇場に足を運んで見に行きたいと思います。(↑ポスターを今日仕事先付近の渋谷道玄坂上の街頭にて偶然発見しました!)

映画"kocorono" Official Site

※本日1月25日、inter FM(76.1MHz)にて22:00より川口監督とブッチャーズがラジオ出演する模様。こちらも是非。
スポンサーサイト
NICE!!    10/27/2010
SwedenのDJ, Ungt Blodの新作EPでITARUが1曲リミックスしてます。ナイスです。Cheeeeck!!

Ungt Blod (bandcamp)
音楽と版画。    10/10/2010
P101009170601.jpg
P101009170602.jpg

名古屋の皆さんどうもでした!

会場の名古屋ハックフィンにて併催された版画展が凄く印象に残っていて、特に版画家の酒井阿弥子さんの作品に惹かれる物があった。緻密で繊細な陰影と大胆なベタの部分とのコントラストがまるで曲構成を感じるような感覚というか、とても素敵な版画でした。表現の源はその源流の湖畔に映る大小の影絵の様だ。

(こちらにも入選されてる方です。Cheeeck!!)

帰り結構揺れた。    09/24/2010
2010091916330000.jpg

どーもです。Warp終了後にイタルがインドへ旅立ったのと(今週帰ってきますが)、仕事が一段落したものでスタジオをお休みして先週俺もちょっと北海道へ帰って来ました。(もう東京での生活の方が長いので帰るという表現にも多少違和感がありますが、向こうにいると"あぁ、帰ってきた!"となるのです)

地元岩見沢では中学時代の友達の飲み屋で連日夜を明かし、上京後音信不通となった昔のバンド仲間の実家を訪ね、家族で旭川へ出かけ(←→高速無料なのね)札幌ではLess Thanイベントにも参画させてもらったりとなかなか良い旅でした。ワタゾー全然変わって無かったネ。北海道に残る、人間くささ、思いやりの心、愛嬌、怒号などが初秋の路傍に咲く花のほのかな匂いと混ざり合って、俺の脳裏でぐるぐる回っていた。

みんな頑張れ~!

完全な二日酔いで昼便の飛行機に飛び乗ったら結構揺れて、逆に気持ち悪いの直りました・・
easternyouth_210.jpg

「その残像と残響音」、「アーカイブス1997-2001」とこれまで長期に渡りeastern youthに寄り添い記録を続けてきた映像作家・川口潤氏制作によるライブ・ドキュメンタリー作品、「ドッコイ生キテル街ノ中」が、DVD発売に先駆け今週末よりシアターN渋谷にてのレイトショー上映が決定した様です。(エディットは販売されるDVDとは若干内容が異なる模様)もう何年も前からずっと地続きで繋がってるこういう「良い感じ」が実に素敵だなーと思います。川口君の密着なのでDVDの内容にもかなり期待度高いですが、エディット違いのこのライブ上映イベントにも期待度が俄然上がります。是非!

↓モア・ディティール!!
eastern youth「ドッコイ生キテル街ノ中」
7/24(土)~8/6(金)シアターN 渋谷にて連日21:10より(約95分)
http://www.theater-n.com/movie_easternyouth.html
*水曜日と8/1はどなたも¥1000
*最終日8/6(金)は上映終了後にはメンバーと監督によるトークイベントも有り。

●予告編1
●予告編2
DS00897687_2.jpg

本日、バトミントン大会で全焼して参りました。俺、昔ね中学3年間、部活でバトに入れ込み公式戦にも出たり結構マジでやってたのですが久しくやってなかったところ、良く行く飲み屋の西荻青喜プレゼンのバト・イヴェントがあるとの事で々にシャトルをぶち込んできました。トーナメント形式&紅白ラリー合戦など、久々にラケットを握った右手に出来たうっすら破けた右手のマメちゃんが過去の記憶と現在の自分のポテンシャルとの乖離をよく示しております・・。いやー脳内イメージはあるが足先が思う様に延びず40風情にはなかなか重い現実が、・・・でもね、実は妙に心地よくもある、なんか変な感じで帰路につきやした。体を駆使した事実に裁かれる事は、実に潔白で良い。同じ事を前に吉野君やニノとやったフットサルでも感じてたのですが、時間が経つと忘れがちになるものですー。今から良く寝れそうでっす。


そんな思いで家に帰ると先日注文しておいたISPのノイズリダクションが届いており即実奏!狙いどおり、これが素晴らしく良いエフェでナイスな感じ!ISPのスタッフは素敵な感性だなーとまったりしながらゆっくり試しました、、の。

本日以上。
    06/01/2010
下北沢屋根裏で歌って来ました。久しぶりの会場を前に、less thanからリリースされた"TVVA"のレコ発イベントが屋根裏だった事や、ここでよく演っていたNukey Pikes やSuper Dumを思い出したり。演奏中も胸中過ぎる想いも決して少なく無かった。何か、保存された変わらない景色を目の前にぼんやりした記憶に包まれて、全てがタイムトラベルな感じ。楽屋とかも。誘ってくれた柳沢君、出演バンドの皆さんもどうもでした。inthenaMEofloveも良かったです。最近はこういう気持ちとよく逢う。

Itaruの単独作品がSwedenのレーベル、Swedish Columbiaよりデジタル・ダウンロード・リリースされてます。(iTunes、bandcamp等で試聴可)すでにRhetorical Parade, the Guikitsでも才気を発してますが、エレクトロ・マエストロと化した彼の徹底した構築美が詰まったナイスな作品となってますので是非チェックを。

Afterimages Cover Art

"ITARU:AFTERIMAGES EP" (Swedish Columbia)

よし!    05/28/2010
あー、久し振りに更新します!

オレ、駅前の路面店はそれは繁盛して当たり前、駅から遠い場所に行列を作らせる様な表現をしたいとか、「ひらがな3文字、その内、一個濁音」というラーメン店屋号なら間違い無い、とかというポリシーがあるのですが、今日、昔からの友達と飲んで改めてその事を思いました。と、いうのは置いといて、友達ニュースを!

■もう長期に渡りお付き合いのある音楽ライター、鈴木喜之氏、中込智子女史監修のムック本、「ジャパニーズ・オルタナティブ・ロック特選ガイド」(「CDジャーナル」誌などの音楽出版社発刊)が発売になります!鈴木喜之氏は今作で音楽紹介本3部作のトリとなる素晴らしい内容の指南本になっております。みんな要チェックです。

●CDジャーナル誌サイト

■2004年にポルトガルで撮影し、2006年に出版したサッカー写真集「ユーロの片隅 で」の著者、平山秀朋氏の写真が話題のCDジャケットに使われてます!その音源は6月2日発売「Great Soccer Collections」というカバーアルバム、イングランドのサッカー好きのスタジオミュージシャンたちが、これまでのW杯のオフィシャルアンセム や"You'll Never Walk Alone"など各国の応援ソング、サッカー関連のCMソングなどをカバーした作品です!興味のある方は是非!
 
●レーベルのサイトはこちら。
●yahooのニュースはこちら。


あと、こちらも要チェェェキです!
Jeans Shop LOKKI



今週末、29日(土)に下北沢屋根裏にて弾き語りのショーがありますので是非ご来場下さい。

以上、また暫く潜伏します。
10/10にリリースされたmiscorner/c+llooqtortionの『view for voices 』 もう聞いて貰えたでしょか?4組のVocalとのコラボしたこの意欲作は間違いなく彼等のエポック・メイキング的な作品です。既に各方面からも色んな感想を伺えて自分もちょっと嬉しく思います。

※『view for voices 』 掲載誌↓
bounce 314 (9月25日発行号)
FOLLOW UP (9月25日発行号)
ROOFTOP (10月1日発行号)
GBEV vol.81 (9月22日発行号)
indies issue vol.47 (10月1日発行号)
JUNGLE★LIFE 143 (10月1日発行号)
リズム&ドラム・マガジン(10月13日発行号)
MUSICA 11月号(10月15日発行号)

HMV特集ページ

bounce特集ページ
STM online特集ページ
Qetic(ケテック)特集ページ

■もう、数日後に近づいて来ましたが、今週13日(火)に"no title and you"があります。思えば初めてJoeと話したのがNahtとFugaziが共演した'94年の恵比寿Guiltyの楽屋でした。近年出演キャンセルのツアーもあったりしたので(シェルターでの共演を心待ちにしてましたが残念でした)、あれからもう何年も経ち、またこうして同じステージに立つ事を心から嬉しく思い、とても楽しみでもあります。因みに今一緒にプレイしているイタルが以前やっていたATOMIC FIRE BALLはQuicksand初来日公演時に共演し、以来Walterともかなり親交の深い盟友でもあるので、このイベントには何か深い縁を想ったり。

その時代その時代の彩りや見え方は違いますが、どんな状況でも音楽やプレイを止めない限り、こういった『縁』はずっと続いて行くのだなぁ、と実感しますね。繋がったり関わっている人の理解や気持ちもとてもありがたいのですが・・・。(俺最近色んなライブを見たり、昔の友達と会う度に一期一会というか、リスペクトというか、そんな事を改めて強く思います・・長く続けている人達はみんな凄いな)

バンドセットのリハーサルも順調にコマを進めていて、メンバーのモチベーションも高く素晴らしいです。それぞれが長く音楽シーンに携わったり経験も豊富な人達なので余計そうなのかも知れないけど、無言のアイコンタクトで会話がきれいに通じ合うとかそんな感じでしょうか?皆と音合わせをする度に違う景色が脳裏を過りそんな曲の表情変化が楽しくて仕方無い。建築物を作る様なそんな感覚にも似ているけれど、基礎から低層棟を拵えるこんな時期が一番楽しいのかも知れないです。

13日はエビナと吉村氏の2人編成、アコースティック・ディスチャーミングマンにも期待大です!是非ネストで会いましょう!
Cursive Japan tour 2009    10/12/2009
1.jpg

Sideout presents
Cursive Japan tour 2009

10月26日(月) 渋谷 o-nest
開場19:00 / 開演19:30 前売¥3,000 / 当日¥3,500 ドリンク別
チケット発売中O-nest・ぴあ(336-713)・ローソン(72869)・e+
■o-nest http://shibuya-o.com/category/nest/

10月27日(火) 新代田 FEVER
開場 18:30 / 開演 19:00 前売 ¥3,000 (+1drink) / 当日 ¥3,500 (+1drink)

チケット発売中 ローソン(73389)
FEVER店頭にて 10.20(tue) から発売
■FEVER http://www.fever-popo.com/

(問)ヴィレッジアゲイン 03-6276-8725

※最高傑作"Mama, I'm Swollen"をリリース以来の待望の来日公演です。今回は東京公演のみですが、歩みを止めない彼等の現在進行系の姿を是非!

shing02_Y-kyoku-thumb.jpg

10/7 (水) 7;00PM 渋谷UPLINK 「歪曲巡礼」
上映会&トークイベント with 川口潤&Shing02
http://www.uplink.co.jp/factory/log/003207.php

予告編
http://www.youtube.com/watch?v=-NHI1Tu9FLc

(↓以下、UPLINKサイトより)
昨年、待望の新作『歪曲』をリリースした後、“歪曲巡礼”と題して全国33カ所でライブを行い続けていたShing02とその仲間たち。2ヶ月に渡って行われた同ツアーの記録を、映像作家の川口潤がインタビューやオフショットを交えたドキュメンタリー映画として完成させ、それがDVDリリースされたのは記憶に新しい。今回、UPLINKでは同作品を上映し、川口潤監督とShing02の両者に「歪曲巡礼」を振り返ってもらいつつ、これからの企みについて話して頂きます。

--------------------------------------------
川口君イヴェントです。やばそうです。是非!

最後の晩餐。    12/20/2008
@@P1000207.jpg

分祀されたKIWIROLLの魂が一堂に会した夜でしたが、とても良い内容でした。それぞれの雑感はまたの機会に・・いやぁ、Discharming Man。冒頭のエビの「感じる奇跡」MCにはぐっと込み上げるものもありつつ、直後の本編も大変素晴らしかった。隙間とアンサンブル、詞の世界感、メロディー、一気に降り掛かってくるその意思の固まりは、一種のカタルシスの様でもあって何か見ていて妙にリラックスしてしまった。あー良いんだよなぁ・・エビは。表現者のライセンスを振りかざさずそっと心に言葉を置いて行ってくれる、彼等はオレにとってそんな存在です。まぁ、言わずと全員の人柄がバンドの音に現れていますが。終演後は気分良くエラ5Fのバーで2時頃まで飲んでました(←雰囲気良くてグッド!)・・皆さん、お疲れ様&ありがとうございました。


さて、今夜は新宿LOFT barで行われる恒例の『MOUNT STSTEM』でDJしますので、興味お有りの方は是非!(オープンからまわします)

12/20(sat) 新宿LOFT Bar space
"MOUNT SYSTEM in LOFT vol.7"
- THE DEAD PAN SPEAKERS Neu!!Single Release Party -
open/start 24;00/adv.1,000yen door.1,500yen

【Live Act】
THE DEAD PAN SPEAKERS+VJ knootrovibe
ASTRO/スズキジュンゾ/TOMO
GROUP
SUPERDUMB

【DJ】
SEIKI

★プレイガイド;ぴあ(P:308-817)ローソンチケット (L:77480)
★インフォ;新宿LOFT Tel : 03-5272-0382
top.jpg
EVENT MYSPACE
Good Bye Fuck In Life!!    11/09/2008
DSC_0310.jpg

Volume Dealers在籍時からの友人でNahtの結成メンバーでもあったワタゾーが故郷の北海道へ戻り実家の漁師を継ぐという話を聞いたのが2ヶ月程前の事。一緒にアメリカにツアーに行ったり、Nahtの最初の音源"downt"を埼玉で合宿レコーディングしたり楽しい思い出も沢山あったな・・。オレと同い年で同じ道産子のワタゾーが東京から居を移し、ついに家業を継ぐという英断に、自分の家族の事とか人生の長さとか、オレも心が動いて色々考えてしまった。そんな頃、共通の友人で映像集団エッグヘッズのリーダーでもあるGaby(↑写真上段)の一声で'95,6年頃にやっていたFuck In Lifeを復活しようという事になって(一度だけベースでGabyにも手伝ってもらった事がある)。それからGabyが決めてくるスタジオに入って、Gabyが決めて来た曲を練習して、Gabyがとってきたショウを2回だけリユニオンの形でネストで演りました。楽しかったな。見に来てくれた方々、どうもありがと。そんで、そのショウの帰り道、井の頭線に乗ってたらなんと車内でオリジナルメンバーのMIKI-FUCKと偶然再会!8年振り?もっとか?とにかく久し振りで驚愕!12年振りに演ったバンドのショウの帰りに、偶然当時のメンバーと電車で会うんだよ!?ん?あれは偶然じゃ無かったのか!?まぁ、大人として世間話の二つ三つを交わしながら彼女との短い再会も果たし帰宅しました。ん~。

・・その昔、Fuck In Lifeのリハに寝坊して現れたワタゾーのズボンのポケットには何故かテレビのリモコンがすっぽり入っていた事とか(「寝ぼけてて家の出しなに慌ててた」、とは本人談)今思い出しても楽しいバンドでした。ワタゾーお疲れさん。これからも頑張れ!出来た思い出は色褪せない。

@DSC_0127.jpg
(pic by nozawa)
Discharming Manの・・    11/06/2008
GetAttachment-3.jpeg
新作アルバムレコーディング(後編)にちょこっと参加してきました。このところのshowでも深くバンドに携わり、今作の全面プロデュースを手掛ける吉村氏の注視するポイントや方向性、思いつく音を加えて行くアイディアに一瞬の迷いも無く、凄い化学反応が発生してました。エビちゃんの歌も丁寧に紡がれていて間違いなく彼等のエポックメイキング的な作品の予感!・・フリーダムの音響も奇跡的ですね、やはり。
Report Suspicious Activity!    11/05/2008
m_0bb42f4d335e2d66ccfa0416c9e8ddf1.jpg

まずラインナップが素敵過ぎます・・。復帰したex.Articles Of Faith,Alloyの中心人物Vic BondiをサポートするErik Dennno(ex.Kerosene454,Os We Go, etc)のアグレッシブで骨太な声、J Robbinsのベース(!)とDarrenのドラムプレイ全てに強靭な力強さがあり、VicとJが組んだ事のみならず、Kerosene454とChannelsのフレンドシップ人脈がしっかり脇を固めている所もポイントですね。要所要所のフレーズに思わずニンマリ。(個人的には"Shitkickers"にK454~JAWBOXラインがしっかりした伏線になってて最高!)曲のバリエーションも豊富で、早くも色気と渋さを色々と感じさせてくれますが、時代の潮流を変えた当事者達が鳴らすこのポスト・パンクの音にはノスタルジーに寄り添う弱気は微塵も感じさせ無くそこが流石ですね・・カレイドスコープは自分達で何度でも回す。Jの燻し銀のベースも熱くて大好きです。Cheeeeeck!!!!

Report Suspicious Activity Myspace
沁みた一日です。    10/19/2008
どうも。最近更新してなくてすんません。立体的に色んな事があり、やれやれ・・・な気分のまま、一個一個決定しながら目前の事をやり過ごす日々の連続でした。かなり色々決めた。特にこの週末に。

まず、金曜日ネイキッドロフトへご来場頂いた皆様、どうもありがとうございました。あの会場の空気感はエビちゃん(D.M)のもつ自然体なセンスに由来する奇跡の揺らぎでしたね。そして翌日、シェルターでのイベントも大変心に沁みました。オレ的にはシェルターのコンプ感がバンドに良く似合い、ゲストにエビナを迎えつつ最高のステージを見せた、miscorner/c+llooqtortion (ミスコーナー・ルークトーション )<<このブログを見てくれる皆様には特に北海道旭川の核弾頭を是非今後ともよろしくお願いします!!>> そして「今」のディスちゃんの到達したフィールド、そしてブッチャーズの進化論、これが今のオレを支えてる全ての要素です。考えて考えて、またもう一周する覚悟が出来た。

で、先ほど帰宅しメール・チェックしたところ良いニュースがあって。これはもう参戦決定でしょ?

GORILLA BISCUITS JAPAN TOUR

GB来日第2弾-outline
ALL TICKETS...Adv. 5500 yen, Door. 6000 yen

12/1
@OSAKA MUSE HALL
Punk Rock Confidential Japan presents
PUNKAFOOLIC! GORILLA BISCUITS JAPAN TOUR 2008
主催:PRCJ
チケット発売日:10月18日
ぴあ【306-037】
ローソン【53219】
http://www.punkafoolic.com/

12/2 @TOKYO SHIBUYA O-EAST
FLJ presents
REBIRTH OF HARDCORE PRIDE
主催:FLJ
チケット発売日:10月18日
ぴあ【306-039】
ローソン【75943】

http://www.fljtokyo.com/

12/4 @NAGOYA APPOLO THEATER
Punk Rock Confidential Japan presents
PUNKAFOOLIC! GORILLA BISCUITS JAPAN TOUR 2008
主催:PRCJ
http://www.punkafoolic.com/
チケット発売日:10月18日
ぴあ【306-045】
ローソン【41914】


FLJ TOKYO
PUNK ROCK CONFIDENTIAL JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。