ハロー・オール・フォークス!
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CHANNELS!    10/01/2006
chnns.jpg

DischordよりリリースされたCHANNELSの2nd、"Waiting For The Next End Of The World"が素晴らしいですね。前作よりJanetのプレイヤビリティが格段に上がっていてビックリ、またJとDarrenの息もぴったりで盟友Peteとのバッテリー像を顧みる術はもう我々には必要無い様ですね・・(でもやっぱりPeteのドラムも好きだったんだよね)
メンバーそれぞれの役割が明確になっていてグイグイ持って行かれる印象で時折JAWBOXの"For Your Own Special Sweetheart"の雰囲気を彷彿する瞬間もあったりBurning Airlines時代よりJのソングライティングのセンスにAndy Partridgeの影がふわふわ漂っていたりで聴き所満載、Jのギター・センスも相変わらず凄いです。現代の"捻じ曲がったPOP-SONG"へのライセンスはもうJ Robbinsただ一人が持っているかの様に自由、最高!



スポンサーサイト
secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。