ハロー・オール・フォークス!
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RECORDING続報。    04/15/2007
naht_rec2007.jpg

MIXDOWNがすべて終了。こちらの体調や日によって音の抜け方や聞こえが微妙に変わるので最終日はそんな細かな音補正や最初の方にミックスしたテイクのスネアの音を変えたり、曲順に沿ったトータルバランスを見つつ作業を完了、あとは最終工程のマスタリングを待つのみです。音の抜け方や響き方はちょっとのバランスでも凄く印象が変わるんだよね・・特に今回録音は早めに終われたので、この音を磨く作業をエンジニア大原氏とメンバー全員で根気強く粘り、結果かなり良い状態を残せてると思います。前作をボルチモアとワシントンDCの2つのスタジオでレコーディングした時にJ.Robbinsから得た「ミックスダウンは音を過度に化粧するセンテンスでは無く記録した録り音そのものを(音量バランスをとりながら)最後迄どう保存するかの感覚」に俺達なりにリトライ出来てると思う。音の良し悪しの比重は録り音の段階でほぼ決まってる感覚。あとはDelayの「タイム感」にも凄く拘ったかな。6年振りの新作となるので気分的にはもう一度1stアルバムを作るかの様な新鮮な気持ちで最後までいれた事も特筆しておきたい。レコーディングした最終日は入れ替わり多くの友人も様子を見に来てくれて賑やかなスタジオでしたわ。やっとミクロの世界から脱出か!?
※最終日、「PUNK ROCK CONFIDENTIAL JAPAN」創刊号を編集長のWAKAがスタジオに↓を持って来てくれました。(紙面にて自分もちらっとコメントしてます)それから、レコーディング中スタジオの合間にModest Mouseの新作"We Were Dead Before The Ship Even Sank"の日本盤リリース資料にもコメントを寄せました。是非。

IMGP0974.jpg




スポンサーサイト
secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。