ハロー・オール・フォークス!
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■この所、色んな場所に誘って貰い色んな人と会って色んな話をしてる・・Mount SystemでのDJは持ち時間がかなり長かったのでレコ棚からあれこれ引っぱり出してはプレイ・リストを作ったり(←この時間が楽しい)、HELLBENT企画"I.G.K.G.GIG issue#5"では、4曲だけですがBEYONDSでギターを弾いたのもとても面白い経験でした。3日前のオファーだったので前日のスタジオなどは、まるで突然人の家の敷居を跨いで家の匂いを感じつつ晩飯を頂く様な奇妙な感覚のものでしたが、自分のバンドとはまた違った、BEYONDSの内側のバンド・フィーリングがとても気持ちよかった。このスタジオが深夜1時に終わり、アヒト君に車で送ってもらい自宅へ着いたのが午前2時前、以前より予定していたサンチェ、ogと釣りの為朝4時に出発、袖ヶ浦や木更津で殆ど寝ずに竿を振りEARTH DOMへ向かうというアホな流れだったのですが、この日のバンドのエナジーに完全に目が覚め、最後迄楽しい夜でした。誘ってくれた皆さん、バンドの皆さんどうもでした。

2008071101420000.jpg

↑Playlist at "Mount System@loft"

■日曜日に映画"77 BOA DRUM"を鑑賞してきました。この映画がまた生々しくちょっとキましたね・・。素材となった断片の紡ぎ方は流石ディレクターの川口君らしい澄んだセンスの良さを感じるとともにドキュメンタリーを超える生々しさ、特にアイディアの窓が全開に開いてるEYE氏の感性、そしてその感性に共振しリスペクトを寄せる友人達との呼吸がすぐそこに感じられる様なそんなサークルが正確に描かれていて、とても距離が近く感じると同時にイベントに参加した全ての人の熱量も目に見えてくる様なそんな映画でした。(知人も何人か出演していてとても短かな時間でしたが)その昔やっていたファンジンでEYEちゃんに取材をした事があり、その時話してくれた幾つかの事とイメージがオーバーラップして、途中から表現する素晴らしさみたいなモノとその儚さみたいな事に一人で対峙しながらの鑑賞となりつつも、やっぱりこういう生々しく力強い映像にリアルさを感じるし、自分の出生の記憶みたいなモノも強烈にフラッシュバックしてきます。制作段階から作為的要素を一切排除した真のオルタナティブ・フィルムの出現、渋谷に発生した銀河を是非体験下さい。

2008071023450001.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。