ハロー・オール・フォークス!
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカン・オルタナティヴ・ロック特選ガイド

音楽評論家・鈴木喜之氏監修による「アメリカン・オルタナティヴ・ロック特選ガイド」が遂に2月9日に発売になりました。かねてから自身のサイト上でも新しい価値観を持ったアーカイブ性の強い取材活動を真摯に展開し、今冊はまさに活動の総括ともいえる内容で、アメリカを中西部、東部、南部、西部、北西部、カナダに地域分けし紹介。チョイスも抜かりなく現場サイドに寄り添ったかなり正確なセレクトだと思います。オルタナティブ・ロックの変遷を同世代で体現してきた氏ならではの切り口と、寄稿された方々との「今」感覚のコラボも読みどころの一つでしょうか。(自分も少し執筆させて頂きました・・)個人的には網羅も鋭く、久々に深く頷ける資料本、真打ち本の登場だと思っていますので是非ご一読下さい。

「アメリカン・オルタナティヴ・ロック特選ガイド」 音楽出版社 


■ニルヴァーナの大ブレイクで、オルタナティヴ・ロックという言葉が使われるようになってから十余年。再び活況を呈しているアメリカン・オルタナティヴ・ロック・シーンの現在とこれまでを、さまざまな切り口で捉える。

貴重な取り下ろしロング・インタビュー、代表的なレーベル / アーティストの紹介記事、400枚を越えるディスク・ガイドなどを、中西部、東部、南部、西部、北西部、カナダの6つの地域に分けた各章に掲載。人や音楽の繋がり、地域性など、音楽の背後にあるものを浮かび上がらせます。

監修は雑誌 『ロッキング・オン』 の元編集者で、現在はフリーの音楽評論家として活躍中の鈴木喜之さん。執筆者は、鈴木さんのほかに、坂本麻里子さん、天井潤之助さん、中込智子さん、妹沢奈美さん、吉羽さおりさん、小田晶房さん、福田教雄さん、中尾憲太郎さん、河合盛樹さん、西村茂樹さん、清水祐也さん、山本徹さん、山崎智之さん、小林英樹さん、久保憲司さん、村尾泰郎さん、濱田忠さん、平野和祥さん他 (順不同)。デザインは冨田由比さん。


【主な内容】

対談: イアン・マッケイ (FUGAZI、EVENS) × サーストン・ムーア (SONIC YOUTH)

インタビュー: スティーヴ・アルビニ (SHELLAC) / ディラン・カールソン (EARTH) / マイク・ワット (STOOGES、MINUTEMEN) / スプーン、ウォルター・シュレイフェルズ (GORILLA BISCUITS、RIVAL SCHOOLS、QUICKSAND)

レーベル紹介: タッチ & ゴー / スリル・ジョッキー / サドル・クリーク / ドラッグ・シティ / シークレットリー・カナディアン / ジャグジャグウォー / ディスコード / マタドール / DFA / ヤング・ゴッド / ツァデック / レラプス / マージ / アンタイ / イピキャック / サザンロード / ハイドラ・ヘッド / サブ・ポップ / キル・ロック・スターズ / K / アーツ & クラフツ

バンド、アーティスト紹介: ホワイト・ストライプス / スフィアン・スティーヴンス / ジョーン・オブ・アーク / TVオン・ザ・レディオ / アニマル・コレクティヴ / バトルス / ヨ・ラ・テンゴ / コンヴァージ / Jロビンズ / +/- / ジョアンナ・ニューサム / ウィル・オールダム (ボニー “プリンス” ビリー) / キャット・パワー / ジャイアント・サンド / キャレキシコ / …アンド・ユー・ウィル・ノウ・アス・バイ・ザ・トレイル・オブ・デッド / マイ・モーニング・ジャケット / ディアフーフ / ブライアン・ジョーンズタウン・マサカー / ピンバック / アルバム・リーフ / ハー・スペース・ホリデイ / デス・キャブ・フォー・キューティー / マイナス・ザ・ベア / ジーズ・アームズ・アー・スネイク / ブラッド・ブラザーズ / アーケード・ファイア / ニュー・ポルノグラファーズ

ディスク・ガイド: 最近のものを中心に、過去の名盤もフォローした選盤で、約450枚を掲載


アメリカ合衆国をニューイングランド、中部大西洋岸、中東部、南部+南西部、西部、北西部の5つの地域に分けて、それぞれの地域で章を立て、補遺としてカナダを扱う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。