ハロー・オール・フォークス!
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Guikitsメンバー脱退に伴い決定済みのショウについての対応詳細です。

既に告知しましたが明日10/1の新潟GOLDEN PIGSについてはDirtCopyにて参加します。また、10/23新宿NINE SPICESについては出演キャンセル、11/4新代田FEVERはDirtCopyでの参加となりました。全ては俺と亮と色々考えての結果です。自分でも突然の展開でしたが今現在出来る全てをやりたいと思います。

先週、北海道遠征を行ったDirtCopyとしてのユニットは、セッションを中心とした実験的な編成で自分でも久し振りに自由度の高い演奏を試みながらフィックスされた曲のアーキテクストとオルタナティブの間を行ったり来たりしていると、「音楽とは何だろう」と冷静に湧き出る瞬間があった。

最近のスタジオや移動中の飛行機で話してたキーワード、「アバンギャルド」、「ビート感」、「サービス精神の有無」「商業」「アンダーグラウンド」「暮らし」「ソフトウェア」「声」「リズムの高揚感」などなど、が自然と頭の中を交錯しながら、今がもう一度生まれ変われる機会ならそれらが一つに結びついた奇跡がそこにぼんやりでも見える筈だと自問自答。誰かの心に残っていくものはたった一つの真実だけで、曲を演奏するという行為は演者がそこに存在するという証の方だと実感もあったし、対バンしたバンドやその後の共演者との話の中でも見え隠れする確信みたいなものとかも今の自分のフィーリングと合うもの、そうでは無いものが幾つかあった。

ここ何年かは「人生の答え合わせ」が自分のテーマになってて影響を受けた'80年代の音楽へ舞い戻る様な趣向を心得てるのだけど、どうしてもこの音楽が演りたい、と思えるのは本質では自分が心だけで歌える奇跡が降りて来た時なんだと思う。

そして世界中の人々が自分自身を表現する事を諦めたら、喧噪も無く全てがうまく行く、のだとしたらどんな顔無しの世界になるのだろうと多少不安にもなるが、今は集中して今後の新たな音楽活動の準備に入りながらまた一から曲を作ろうと思う。

それと札幌で見た新生Discharming Manの佇まいに心が癒されたよ。


明日の新潟、是非会場で。



スポンサーサイト
etc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。