ハロー・オール・フォークス!
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NICE!!    10/27/2010
SwedenのDJ, Ungt Blodの新作EPでITARUが1曲リミックスしてます。ナイスです。Cheeeeck!!

Ungt Blod (bandcamp)
11/20 more detail!    10/22/2010
the Guikitsも出演する札幌Spiritual Lounge6周年イベント"BLOW UP!"の特設サイトが出来ています。こちら


実験してみた。    10/12/2010
最近のiPad/iPhoneのDTMアプリの増殖具合が凄くて音楽シーンの今後を占う、何か勢いみたいなものを感じます。国内外の様子を見ても、もう楽器としては「一応使える」なんてレベルでは無く、結構本気で実用化を目指してる気配。今迄、MACやPC用に開発されてきたDTM/DJアプリがiPad/iPhoneのプラットホームへ本気で乗り込んでるこの勢いは正直びっくりです。あとは振動対策や筐体の強度など補完されれば驚異的な楽器として(特にiPadの画面の大きさはシーケンス機能の他にシンセ・トリガー、ライブでの歌詞スクリーンなどなど、魅力的な実用サイズだと思う)今後スタンダードな位置付けになりそうだなぁと。iPadなら2,3台必要かもしれない。

ただ、一つ気になってたのがIn/Outのソケット耐性。例えばiPhoneでギターを使用する場合、音質、どれ位のノイズが発生するのか?iRigなども含め現時点では音の出入りに通常USB接続のインターフェイスでは無くヘッドセット/マイク・ソケットを使用するのでどんなもんかな?と、色々調べてたら皆さんやっぱり作ってますねぇ。で、更に裏技的にこんなページがあったので実際に試してみる事に。(とは言え凄く簡易的なものですが)これでどれ位使えるのか?あくまで実験ですが、興味のある方は以下続きをどうぞ。またこのトピックからの引用、自作は全て自己責任でよろしくです。

写真
(1)まず市販のAVケーブル(3.5mm)、RCA変換プラグを3個、iPhone4を用意し、AVケーブルのそれぞれの先端部、白、赤、黄のピンにRCA変換ケーブルを装着。

P101011235157.jpg
(2)赤ピン(オーディオ部)をギターのOutPutへ差す。

P101011235157A.jpg
(3)白ピン(オーディオ部)をアンプInputへ差す。
(※今回モノラル設定なので黄ピンはRCAプラグを付けた状態でそのままにする)

逆端のミニプラグをiPhoneのヘッドフォン・ソケットに差し、これで接続完了。この片側ミニプラグのAVコードはデジタルカメラなどに付属しているものでOK、RCA変換プラグも他楽器のものを流用。(市価でもとても安価です。あとはハードオフとか)

↓実際にiPhone用アプリで検証。
@P101011235158
●Amplitube 
@P101011235158B
●Ampkit
@P101011235159
●iShred

3アプリともペダル、チューナー共に全て完動し、実際の音もDTMソフトバンドルのペダルのレベルと遜色無し。レイテンシーもほぼ感じず(アプリ側の設定有り)宅録などには十分使える感じ。(なんといってもタッチパネルでつまみ調整や全ての操作が行えるメリットは素晴らしい。)ただ、今回電圧の抵抗や整合はほとんど無視なんでノイズが気になるレベル。(iPhoneも筐体内部は干渉だらけです)これは増幅するとスタジオなどでは難しいかも?ハード部分をきちんと改造してやれば外に持ち出せる気配はありますね。

以上。なんか少し気が済んだ。今後iPhoneが楽器としてショウで問題無く使えたら何か楽しいねー。

iRig(Amplitubeのオフィシャル・インターフェイス)
参考までにこちらも。





マイク選びの件。    10/11/2010
P101011010112.jpg

Vocal用ペダルとのマッチングをはかって最近マイクを色々試してる。エレハモV256の変化がスタジオの広さなら余り違和感を感じないんだけど、ライブハウスでの音量、広さだと稀にブランクや誤認識が出るので思案・・・俺の立ち位置の後ろの音を全て拾ってしまうのが原因かも?(ドラムやアンプの音などなど)・・Nahtの頃はずっと単一指向性のSure58をメインで使用してたんだけど、今のペダルにしてからはAUDIXのOM3を使用していて、(ちょっと専門的でスマーン)58などの単一指向性より更に集音角が狭く、また、フィードバックにも強い"超指向性"を持つタイプのマイクなので、AutoTuneやボコーダーには適正があるんだけど、大きなスペースだとちょっとズバッと声がハマらなくて。

で、とうとう最後の砦、ヘッドセットマイクを注文したら今日届き(↑写真)、先程チェックしたところ・・・、やはりコレがベスチョイですわ。Vocalマイクはどうしても周囲の音も拾ってしまうので、V256なんかのフィルターを通す場合はどこで妥協するかがポイント、正直、見た目は抵抗が無い訳では無いんだが、口元の音のみをタイトに拾ってくれるので正解は多分コレ。あと自分の声質にはやはりSureが一番合ってる。と、いう訳で次回札幌moleでチャレンジします。たかがマイク、されどマイク。

やっとこの旅が終わりそうだ。
音楽と版画。    10/10/2010
P101009170601.jpg
P101009170602.jpg

名古屋の皆さんどうもでした!

会場の名古屋ハックフィンにて併催された版画展が凄く印象に残っていて、特に版画家の酒井阿弥子さんの作品に惹かれる物があった。緻密で繊細な陰影と大胆なベタの部分とのコントラストがまるで曲構成を感じるような感覚というか、とても素敵な版画でした。表現の源はその源流の湖畔に映る大小の影絵の様だ。

(こちらにも入選されてる方です。Cheeeck!!)

the Guikits@札幌!!!!    10/02/2010
11月に札幌が決まりました!

11月20日(土)札幌 Sound lab mole
open15:30 start16:00 / adv¥2,300 door¥2,500
LAWSON TICKET 【L-14217】(10/9発売)

Spiritual Lounge 6th Anniversary『BLOW UP!』
~Wonderful blank generation~

つばき
monokuro
the Guikits
月光グリーン
REVOLVER AHOSTAR
naked
未完成VS新世界
mondaysick

  
DJ;ロッキンジェクション


■主催 HALL SPIRITUAL LOUNGE  
TEL; 011-221-9199 http://spirituallounge.jp

■協力 SMASH EAST

■会場 Sound Lab mole
(札幌市中央区南3条西2丁目14 ニコービルB2F TEL;011-207-5101)

会場WEB
もうすぐ名古屋行きますわ。

10月3日(日) 名古屋HUCKFINN
adv¥2000 door¥2500 / open 18:30 start 19:00
☆サクラショック!企画☆ 桜仙人

ツクモク
一人猫町ZAKIZM
the Guikits
サクラショック!


※会場WEB
the Guikits@Warp映像。    09/24/2010
@gui-yt.png

吉祥寺Warpでの模様を川口君が撮影してくれたので1曲だけアップしました!

YouTube

帰り結構揺れた。    09/24/2010
2010091916330000.jpg

どーもです。Warp終了後にイタルがインドへ旅立ったのと(今週帰ってきますが)、仕事が一段落したものでスタジオをお休みして先週俺もちょっと北海道へ帰って来ました。(もう東京での生活の方が長いので帰るという表現にも多少違和感がありますが、向こうにいると"あぁ、帰ってきた!"となるのです)

地元岩見沢では中学時代の友達の飲み屋で連日夜を明かし、上京後音信不通となった昔のバンド仲間の実家を訪ね、家族で旭川へ出かけ(←→高速無料なのね)札幌ではLess Thanイベントにも参画させてもらったりとなかなか良い旅でした。ワタゾー全然変わって無かったネ。北海道に残る、人間くささ、思いやりの心、愛嬌、怒号などが初秋の路傍に咲く花のほのかな匂いと混ざり合って、俺の脳裏でぐるぐる回っていた。

みんな頑張れ~!

完全な二日酔いで昼便の飛行機に飛び乗ったら結構揺れて、逆に気持ち悪いの直りました・・
l_c44d691ea5cb4d62ad294589366ae992.jpg
Less Than TV presents
"another channel #24"

2010.09.19(sun)
@HALL SPIRITUAL LOUNGE
open18:30 start19:00 / adv¥2000 door¥2500(+1drink)

デラシネ(tokyo)
NERVS(tokyo)
DESERT
Color Me Blood Red
GOMNUPERS
L!EF


【ADV TICKET】
LAWSON(L-13714)
import clothes TAKE
(011ー271ー4544)
LessThanTV(ticket@lessthan.tv)

【INFO】
SPIRITUAL LOUNGE(011-221-9199)
Less Than TV(info@lessthan.tv)
Harmonist!    09/10/2010
@PS-6.png

4日WARPに来てくれた皆さん、どうもありがとう。グイキッツ3回目のショウでしたが、アンサンブルとグルーブ感が意図するレベルまでやって来た気がしてます。この日記録した音や映像を見ながら思ったテコ入れすべき点もまだ沢山あるけど、凡その体現は出来て来てる、"3人の音"みたいな感じで最近感じてるイメージにかなり近いステージだったと思ってます。(実際どーだったのかな?来てくれた方、忌憚無い感想など貰えたらとても嬉しいです)

思えば昨年秋、joe lallyとの共演が決まってから少しづつ形にしていった(最初は自分のソロ→バンド編成でのサポートという感じで)このバンドですが、今や完全に随分バンド・イメージが具現化されて来ていてグループ的、ミュージック・コンボ的な実感が凄くありますね。ITARUの職人気質(毎曲、思ってた以上のトラックを作り込んで来てくれます)に触発されている部分も多いし、RYOの持つあたたかい雰囲気に影響される事もこれまで何度もあった。もっと色んな事にチャレンジしたい気持ちMAX、3人でアイディアをイーブンに出し合ってのスタジオでの曲作りがこんなに楽しく思えるのもこの3人で演ってるからだと強烈に思います。バンドの持つ力って凄い、全身の溜飲が下がりまくり。共演したバンドもみな大切にしている部分を沢山持っていて(メンバーで共有している)燻し銀の輝きが覗く最高のステージでした。(この日のショウの模様は川口君が撮影してくれたのでその内どこかにアップします)

ずっと使い続けているエフェクターの一つ、HARMONIST(HR-2)が装いを新たにリリースされる様です。このエフェはNaht時代でもレコーディングやステージで重宝してて、今だに大事にしている機材の一つ。友人やショウ直後に、何を使って出している音なのかよく聞かれたりしてたんだけど、このナイスなブツは発売当時はあまり人気無くてすぐに廃盤になり(確かJ Robbinsだけはこのエフェのファンでしたが)後にPitch Shifterと合併したシリーズでモデファイされてたんですがまた返り咲きましたね。個人的にとても嬉しいニュースです。ちなみにコレは原音に対して上下2オクターブ内のアンサンブルをコード別に決められる当時はユニークなもので、メジャー/マイナーコードも識別する辺りに惚れてましたが、インプット・アタック音に対してのレスポンスに多少遅延があったり、音質の問題もあったんだけど、この新機種はこの点、大幅な改善がされている様ですね。先日手に入れたエレハモのV256のハーモナイズ性能の高さや原音認識の正確さにぶっ飛んだばかりなのでこの辺りの進化も多分間違い無いでしょう。先を行くハンド・メイド・ブランドの創造性にメーカーが答えを叩きつけた感じでしょうか?こういう足下の技術革新は確実に音楽の何かを弾き、曲中にヒントや発明を持ち込みます。かつてのBig Muffがそうであった様に、もうシーンが先か、機材が先か、挑発の仕方が不明瞭でちょっと面白いです・・興味のある方は是非チェックを!

PS-6 Harmonist
YouTube←思いの他、スゴイ。
etc
いよいよ。    09/03/2010
いよいよ明日に迫りました"Come Down Softly To My Soul"。ex. Faith Of Blindのメンバーから成るrecicaの企画で、最初その主催意図を聞いた時は少し胸が熱くなったのを思い出します。参加バンドはみな'80年代からバンドを続けて来ていて未だ歩みを止めない。Faith Of Blindが母体になって始まったrecicaもそうですが、何故自分達は音楽を演りつづけるのか、心の焼け野原に俺は一つの試金石を投じるくらいの意気込みでいる。(BAREBONESは今回は無念でしたがまたいつか!)グイキッツは今年最初のshowなのでまぁ景気良く行きたいと思ってますが、この企画、ただの記憶探しでは無く今を生きる"証人達の音"を自分も楽しみたいと思ってます。みんな是非会場で!エクスペリエーンス!スタジオに行って参ります。


名古屋HUCK FINN!    09/01/2010
名古屋決定です。バンドでは随分ご無沙汰のハックですが、始まりはやはりいつもここですね・・楽しみです。是非!

10月3日(日) 名古屋HUCKFINN
adv¥2000 door¥2500 / open 18:30 start 19:00

☆サクラショック!企画☆ 桜仙人

●ツクモク
●一人猫町ZAKIZM
●the Guikits
●サクラショック!



歌詞を。    08/24/2010
さっき迄書いてた新曲の歌詞をうっかりデリート!!しかもゼーンブ!!書きたてでバックアップもノー!オー・マーイ!・・・ちょい良い感じの内容だったので床までしなだれながら、とりあえず今日起こった楽しい出来事を思い出し、深呼吸をしつつ清書のつもりで最初から書き直してたら・・なんと、一字一句全て脳内レスキュー出来ました。なんか自分でもびっくりしましたが、この脳の働きはPCのバックアップ・ディスクより信用出来るかも?しかも英語と和訳(いつも自分で英詞を書きながら日本語の意訳も同時に作ってるんです)の両方完全な復元でリライト出来たのが不思議で仕方ありません・・あー、妙な経験でした・・。と、いう訳で今から伊集院のラジオ聞いて寝ますわ。


recica_flyer@.jpg

バンドの諸事情によりBAREBONESの出演がキャンセルになった模様です。俺個人的にも共演を楽しみにしていたのですが、メンバーの体調不良との事なので今回は残念ですが早い回復を願っております。

また、イベントは4バンドで行います。(開場・開演時間に変更があります。是非ご確認下さい!)
前売りチケット予約も承ってます。↑上記"show/tickets"バナーよりどうぞ。

9月4日(土) 吉祥寺WARP
"recica presents"「COMEDOWN SOFTLY TO MY SOUL」
adv¥1,800 door¥2,300 / open 18:30 start 19:00

●the Guikits
●GOD'SGUTS
●TABLE
●recica



※会場WEB

guikits-GetAttachment.jpg

グイキッツのスタジオでした!この所、新しいガッキを試す感じのリハが続いていて、これがなかなか面白い。試しながらバンドアンサンブルと照らす感じがとても良いです。オレ後期Nahtではボンゴをベースに、特にリズムや打点に興味があって曲を作ってたんだけど、その延長で(?)グイキッツではティンパレスを叩きながら、+ バリトンを弾く + そして歌う、みたいな感じで演ってます。(決して、デスコ・パンクとかでは無いですよ。ヨロシクです)この辺りの理想はやはりトライバルかつブリストルな景色が付きまとってますが、躍動と焦燥とダーク、そんな感じですかね・・。(ずっとカーステでオレ一人Maximum Joy fesを開催中なんです。カッ、ブリブリ。)とにかく9/4@Warpに向けてみんな一丸となってますわ。今年のグイキッツはなんか今迄+少し新しい感じの音です。だと、思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。